遠州の風に吹かれながら

国産オリーブオイルを
はじめて口にしたときの感動と

「誰もしたことのないことを
したい!」

という気持ちから
オリーブ農家を志したのは
菊川市高橋に住む赤堀裕也さんだ

ーー

オリーブは
収穫できるようになるまで
最低5年はかかる

しかし
5年を過ぎた頃から
加速度的に成長をはじめ
10年を超えると
毎年たくさんの実をつける

なんだか子育てに
似ている

ーー

オリーブは

水やりをしなくても
大量の肥料をまかなくても
育つ一方

根が浅く横に伸びるため
台風に弱い

という側面もある

赤堀さんの農園も
一昨年の逆走台風では
特に大きな被害を受けた

ーー

そこで
赤堀さんは
補強に力を入れた

その時使ったのは
友人から無料で
もらった竹

竹は劣化のため
毎年付け替える必要はあるけれど
塩ビ管より安価で
打ち込みや撤去のための
機材が不要とのこと

ーー

また雑草防止のためのシートは
車の廃材を利用しているのだとか

ーー

そんな風に
経費削減できるところは
削減するのは

兼業農家ならでは

車関係で働いている
経験を生かし
応用するところはさすが

ーー

今のところ
週一程度で管理ができる面積で
水やりなどに手がかからないため

両立できているそう
ーー

今現在の実は青いけれど
10月には、美しい紫色になるのだとか

ーー

赤堀さんたちが育てた実でつくった
国産オリーブオイルも
試飲させてもらった

口に含んだ瞬間は
まろやかなのに
後から喉にピリッとくる

確かに
こんなオリーブオイルは
口にしたことがない

ーー

そして赤堀さんオリジナル
全て手摘みして作った
オリーブ茶は

すっきりとして
飲みやすいのに
深い味わいがある

というクセになる味

ーー

将来は
オリジナルブランドを立ち上げたり
自分で作ったものを
自分で作っていきたいと

夢を語ってくれた

ーー

見晴らしの良い大地で
気持ちの良い風に吹かれながら
夕日を眺めるのは
最高だそうで

私もやってみたくなった

詳しく知りたい方は
こちら
↓↓

https://www.facebook.com/12Olives-111115846936588/

次回は
育苗会社について
お話しします

お楽しみに!


maki