神秘のバラ

バラというと、鮮やかな赤いバラを
想像する方が多いと思いますが
実際は、何万種類もあるそうです

日本では、花を贈ることが少ないため
知らない人が多いけれど
(私も知りませんでした)

こんな椿みたいなバラや


こんなドール・カラーなバラもあります
(1番人気のシュエルヴァーズ!)




今回は、これらのバラの生産者
八木バラ育種農園の八木勇人さんに
話を聞いてきました!

(ちなみに、海外では
バレンタインの時に男性が
女性にバラを贈る習慣があるそうで

日本でも、ジワジワと贈る人が
増えてきたいるのだとか)



八木さんの生産する
「ヤギ グリーン」は
都内の花屋さんで
知らない人はいないほどの有名種

↓こちらがそのヤギ グリーン




八木さんは
毎年10,000種類も
品種改良しますが

9,997種は売り物にはならず
3種類くらいが世に出ていくことになるそう( ゚д゚)



花が綺麗でも
虫がつきにくいか
トゲが少ないか
流行りに乗っているか

また、デザイナーさんが
気に入ってくれるか

など、たくさんのチェックポイントがあり
クリアしたバラだけが
世の中に出ることができるのだそうで

厳しい世界ですね。゚(゚´ω`゚)゚。

そんな中、八木さんのバラは
雑誌にもよく紹介されるほど有名
主に、都内に出荷しているそうです!

ところが
生産者はなかなか
注目されないそうで

ですから、八木さんは
認知度を上げるために

Instagramを始めたり
キレイに撮れるように
カメラ・ワークを学んだり
お花屋さんツアーをしたりと
精力的に活躍中されています

海外の展示会へ
出展もしています



また
「将来は、ヤギ グリーンが
世界中の花屋さんに並ぶこと」

と夢を語ってくれました



バラの生産者として
難しいところは

クリスマスなどのイベントの際に
ぴったり出荷できないことがあること

例えば

「寒いとバラの成長が遅いので
予定していた日に切れない

暑いと早く成長してしまうので
予定日よりあとになってしまう」

ことがあるそうで

「生き物だから
調整が難しい」

そうです



市場出荷は
売り切れないことはないけれど
価格のコントロールができないため

オンライン・ストアも
はじめたそうです



また設備投資がかかるため
新規参入はしにくい
業界なのだとか



そして
花の買い方も教えてくれました!

慣れてない方は
予算と好きな花を言って
お任せで作ってもらうのがいいそうです

またバラの楽しみ方として

こんな風に胸ポケットに挿してもらうことも
できると教えてくれました!

これは、どんな花屋さんへ行っても
コーディ・ネートしてくれるそうです



絵心のある八木さんの書いた絵は
こんなところにも!


こんなところにも(╹◡╹)♡

密かな観光スポットになっているのだとか♪

そんな八木さんの
バラが気になる方は

こちらをチェック
↓↓

HP
https://yagirosebreedingfarm.com/

Instagram
https://www.instagram.com/yagirosebreedingfarm/?hl=ja

オンラインショップ
https://yagirose.base.shop/

八木さん、ありがとうございました!

maki